面接ワンポイントアドバイス

2017.10.20 更新!

株式会社BONDCLUB

  • トップページ
  • エリアで探す
  • 職種・業種で探す
  • こだわりで探す
  • 今月の特集
面接ワンポイントアドバイス 第一印象が面接では大事!ガッチリお仕事を掴むには、まずは面接のコツをマスターしよう! 高収入系のバイトや求人応募の際に必要とされる注意事項などをまとめました。 応募書類は準備万端、でも面接が苦手なんだよな〜っていう人は意外と多いはずです。 そんな人でも大丈夫、面接の際に気をつけるポイントをアドバイスしちゃいます。

面接攻略法

はじめに・・・

面接では、その人の経歴や能力を見るというよりも、人間性や性格、会社の社風、今働いている同僚とうまくやっていけるか、業務をきちんとこなすことができるかどうか、というところを重視しています。 経験者だけでなくても、未経験者でもやる気をアピールすることで採用される可能性は各段にアップしますので、頑張りましょう! でもアルバイトだからと言って、甘く見てはダメですよ! 面接前に友達と練習しておけば安心です。

最低限押さえるポイント

  1. 面接開始の5分前には到着できるように、余裕をもって外出しましょう。
  2. 約束の時間に間に合いそうにないときは、必ず電話で連絡をしましょう。
  3. 面接中は背筋を伸ばし、笑顔でハキハキと明るく受け答えしましょう。
  4. 面接の控え室に灰皿があっても、吸わずに我慢しましょう。 マナーです。

ここがポイント!

1.持っていくもの

お店や会社によっては、履歴書や身分証明書などを持ってきてくださいというところもあります。
持っていくものは応募先に事前確認をして、面接当日は忘れ物がないように気をつけましょう。

2.身だしなみ(服装)

人は見た目でついつい判断してしまうものです。
特に第一印象は非常に重要です。
どんなに優秀な人物であっても、人の中身や本質を知るには時間がかかります。
人は見た目で、性格や趣向を判断してしまいがちですので、面接においてもその点を意識する必要があります。
ただし、応募する職種や仕事内容によって異なりますので、その仕事内容に見合った格好をするのが好ましいです。

3.面接で良く聞かれる質問

住所、氏名、年齢
高収入系(接客、モデルなど)経験の有無
応募の理由
勤務可能日
その他
(3サイズ、自己PR、パソコン経験など※職種によって異なります。)

面接で聞かれる質問は、上記の基本的なことから職種特有の質問などがあります。
事前にあなたが応募する職種をきちんと理解して事前準備を行いましょう。

4.聞かれた質問には的確に答えよう!

仕事内容にも異なりますが、どんなお仕事でもはきはきと笑顔で応えれる人は採用される可能性がUPします。
また、面接官が質問している内容と見当違いの回答をする人がたまにいます。
自分勝手にしゃべったり、質問を質問で返す人などは、コミュニケーションをとるのが苦手な人だと思われてしまいますので要注意です。

5.発言内容に気をつけよう。

あまりネガティブな発言や、愚痴をこぼすのもダメ。
この人は入ってからも会社や同僚に対して愚痴をこぼす人だと思われてしまいます。
嘘はダメですが、明るく前向きな発言を心がけましょう。

6.後のトラブル回避のために、疑問点は必ず確認しよう。

面接の際に、採用が決まってから条件などを確認しているようでは、採用側も不信感を抱いてしまいます。
質問や疑問点は納得するまで確認しましょう。
特にお給料の支払い方法などについては、お店や仕事内容によって異なりますので、事前に説明を良く聞いておきましょう。
自分の働ける日や、『できること・できないこと』ははっきりと伝えておきましょう。

7.面接を終えて・・・

面接後に、自分のイメージが合わなかったり、条件が合わない場合は、採用の連絡の際にお断りしても失礼にはなりませんので、よく考えて働くかどうか考えましょう。
入ってすぐに辞めてしまっては、会社にとってもあなたにとっても良いことがありません。
面接は誰でも緊張するものです。
最初は不安なことが多いですが、実際に働いてみると楽しいことがたくさん見つかりますよ!
どんどんチャレンジしてみてくださいね!